welcome to http://nobkon.blog28.fc2.com/

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

 上野恩賜庭園 

上野の森に散歩に行ってきました。
上野東照宮 寛永4年(1627年)に、家康公(東照大権現)の遺言により、天海僧正と藤堂高虎が造営しました。三代将軍家光が慶安4年(1651年)に金色殿として大改築を行ない、これが現存する東照宮です。
参道両側には諸国大名から寄進された200基の石灯篭、48基の青銅製灯篭が並んでいます。
702-25-ueno.jpg

↑正面の左甚五郎作の昇り龍(右)下り龍(左)は有名と聞いていましたが これだよ!と教えてもらいました。
702-25-ueno1.jpg

上野の森には数多くの美術館がありますよね。
美術館巡りは 又の機会といたしましょう・・どうも趣味が合いませんので・・・
702-25-ueno2.jpg

大寒桜が満開でした。
702-25-ueno3.jpg

冬のボタンも終わり春のボタンは4月始めから開園との事その時には又散歩に行きたいですね。


スポンサーサイト
2007/02/25 | 20:49
チョットお出かけ

 水戸偕楽園 

20日に 水戸偕楽園に9時過ぎの電車で行ってきました。
行きは快速に乗っていったので時間もかかり着いたのは丁度12時です。3時間もかかりました ちょっと遠すぎたかなぁ・・5時まで水戸界隈を散策していましたがそのうち30分ほどは小雨でとっても寒かったです。2時ごろからは薄日が射してきましたが・・黄門様ご一行も 寒さで震えていましたよ!今日から偕楽園の梅祭りが始まったんですね。水戸駅から偕楽園まではバスで10分ほどです。
行く前にサットンが検索していましたすると こんな事が・・・
偕楽園の魅力は、表門から入ってこそはじめて堪能できるといわれています。
竹林や杉森の「陰」と、梅林や好文亭の「陽」の対比の世界を堪能できるからです。観光客の多くの方は、この「表門」「一の木戸」から始まる陰の世界を知ることなく帰ってしまうこと が多いようです。
芳香漂う梅の季節の魅力はもちろんのこと、四季にわたって楽しめる 深山幽谷の世
界が水戸市内にあることに驚かされます。

そうです私達は表門から入りました。表門を抜けると陰の世界偕楽園孟宗竹林 があります。神秘的!
mito.jpg

mito1.jpg

今日から(20日)梅祭りとかでNHKのカメラが来ていました。梅の親善大使がお揃いのお振袖で・・・
夕方のNHKのニュースでやっていました 私達は映っていなかったわよぉ!
mito2.jpg

偕楽園は世界で2番目に広大な公園とか 一番はセントラルパークなんですって。
水戸第九代藩主 徳川斉昭(なりあきら)が自ら造園計画の構想をねり創設された庭園です 斉昭の意思で公園は庶民と一緒に楽しむもの・・と今でもかたくなにその意向は守られているとか 入園料は取っていません。
お庭にたたずんでいる 好文亭は190円の入園料は要りますが それでもお安いですよね。
mito3.jpg

↑一般の観光客は東門から入園するとか 私達は 東門の前の甘酒やさんで表門の所在地をお聞きしてぐるっと一周して表門から(黒門)入りました。
帰りに ここで頂いた一杯の甘酒の美味しかった事!寒さにかじかんでいた身体がポカポカと・・・
↓東門の外から見た梅並木と 歩道橋の向こうには千波湖です。
mito4.jpg

mito7.jpg


そして


続きを読む
2007/02/22 | 11:48
チョットお出かけ

 あわび亭 

練馬駅の直ぐ近くにある あわびを食べさせてくれる 『あわび亭』
サーゴさん親子と3人で行ってきました。
半月ほど前から予約を取っていましたが急遽サットンの風邪気味で行かれなくなり
リベンジを考えているようですよ。
http://www.awabi-tei.com/about/index.html
水槽にあわびが吸い付いています それをオーナーが腕を捲り上げて注文を聞いてから料理に取り掛かります 時間は たっぷりかかりますが 出来立てで 美味しいですよ あわび尽くし このコース の代金は4500円です。
考えられないですねぇ 銀座辺りなら 10000円は下りませんね。新宿や渋谷からでも常連さんが あわびを食べに訪れるとか 納得です。
702-17-awabi.jpg

702-17-awabi1.jpg



2007/02/18 | 09:12
美味しい所見っけ

 テーブルウェアフェスティバル2007 

昨日5日 1時過ぎからテーブルウェアーに行ってきました。
今年は 去年も行っているので 会場の雰囲気は良くわかっているので
一人で行きましたが効率よく見て回れました。
あいも変わらず 沢山の人ででした 後楽園の駅を降りてドームに向かう陸橋の上でダフ屋も出ている反響です。やはり皆さんに人気が有るんですね。
写真だけですが・・雰囲気を感じてくださいませ!
 702-6-1.jpg

大倉陶園のテーマは至福の食卓・・・
話題の”華麗なる一族”の撮影には総てここの器だとか。
凄いですねぇ来週から 器に目が行くでしょうね。
702-6-2.jpg

702-6-3.jpg

702-6-4.jpg

702-6-5.jpg

702-6-6.jpg

↑今回は 塗り の器に興味がありました。



続きを読む
2007/02/06 | 08:40
名称未設定_4

 宝登山 の蝋梅 

宝登山に蝋梅を見に行ってきました。
丁度一年前 秩父の火祭りのツァーの時に長瀞に寄り 宝登山 に寄ったけれども
蝋梅は勿論未だ早かったんです。 去年に来たかったんですが 行けなかったんですよね。
最寄の駅に開花状況の7赤丸が連日付いていましたので 今日行ってきました。
2時間もかかります 少々遠いいですねぇ・・・でも良い香りに包まれて満開の蝋梅を堪能してきました。2月中旬まで 3種類 500株 2000本が植わっているんですって 見事でした。

長瀞駅に付くともう時計は12時を回っていました。線路を渡りお土産屋の通りを・・今日の目的は”宝登山の蝋梅”ですのでここではお昼を食べるのみ・・・
そして豆やさんで沢山の煮豆の試食と お土産(自宅用を)長達して・・・
おっきりこみうどんと 味噌田楽を食べました。おっきりこみは 秩父の名産との事・・太うどん(きし麺のような)の煮込みなんですね。野菜が沢山入っていて
とっても美味しかったです。サットン曰く 申し分ないが 願わくばこれに地鶏が入っていたら良いのになぁ・・でした。そこで勿論 生の おっきりこみを買ってきました 日曜日のお昼に早速 鶏を入れて具沢山で作ってみましょう。
702-02-roubai1.jpg

昼食を済ませ 又線路を渡り 長い宝登山神社の山道を歩きロープウエーまでかれこれ30分はありますでしょうか?
乗り場に着くと長い長蛇の列です・・・・まぁロープウエーまで行くには人とあまり行き会わなかったのに・・駐車場は 観光バスが何台も・・そして乗用車・・電車ではあまり来ないのかしらね! 40分は並んだでしょうか? 50人乗りのロープウエーがフル回転です。これは 帰りは歩いたほうがよさそうですね。
そう往復切符を買いましたが 帰りは 歩きで 下ってきました 昇り5分でしたが
帰りお歩きで 30分はかかったでしょうか。いい運動になりました。
702-02-roubai2.jpg

↑見てください ロープウエーを降りると眼下は秩父の街が・・・・
登り進んでいくと それは見事です 全山蝋梅 蝋梅 蝋梅ですよぉ・・
甘いほのかな香りが・・なんと青空に映えて見事なんでしょう!
ピンクの梅とのコラボレーションも最高でした。
702-02-roubai3.jpg

702-02-roubai4.jpg


そして・・・・

続きを読む
2007/02/02 | 13:38
チョットお出かけ

 
Copyright © ノブコンのぶらり探訪 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。